店舗画像

お酢系シリーズこだわり

お酢で作った低刺激シャンプーとは? 

image

 髪にダメージを与える原因はさまざまですが、第1位は、刺激の強い界面活性剤だと言うことはなかなか声高には語られません。市場に出ている多くのシャンプーに使われてる硫酸系とスルホン酸の界面活性剤は刺激が強く、肌に残留して肌を荒らしたり、抜け毛を増やすことが知られてます。それでもシャンプーの洗浄剤として使われてるのは泡立ちが良いからです。
一方、石けんがもっとも安全な界面活性剤だと分かっていてもシャンプーに使用されないのは石けんカスが残り髪を洗うには適さないからです。
バーデンススキャルプシャンプーは、ズバリお酢から出来てます!食品でもあるお酢が肌に触れても安全なのは言うまでもありません。さらにアミノ酸と反応させて、肌への優しさと泡立ちを両立させました。この『ラウレス-3酢酸アミノ酸』(特許成分)は、肌にも髪にも負担をかけない最上のやさしさをもった洗浄剤です。

 

 

洗浄成分のこだわり

 シャンプーは高い洗浄力が求められるため、肌や髪への刺激性が重要です。
安全性とともに洗浄剤に求められる条件は、よく泡立ち、高い洗浄効果を持っていること!どんなに安全な成分であっても泡立たなければシャンプーの主剤にはなりません。シャンプー主剤を硬水(カルシウム濃度の高い水)で使用した時、石けんは石けんカスが生じ髪にキシミ感を与えます。お酢系洗浄剤は、高い耐硬水生があり、硫酸系と同等の安定性を持っているのできしみの原因とはならないのです。

 
 

ハーブ成分のこだわり

天然由来成分のハーブエキスを凝縮させ、髪・頭皮にやさしく仕上げました。

・ヘナエキス(保湿・弾力)     ・セージエキス(抗菌)     ・アルニカエキス(血行促進)     ・スギナエキス(整肌)     ・シナノキエキス(刺激緩和作用)     ・ゼニアオイエキス(保湿)     ・セイヨウノコギリソウエキス(創傷治療促進)     ・カミツレエキス(抗炎症)     ・トウキンセンカエキス(抗酸化、育毛)    ・グレープフルーツ種子エキス(抗菌)